ナルシストな一日。
洗濯洗剤がなくなって、ドラッグストアの店先で叩き売られていたモノを購入して、使ってみた。
別に汚れが落ちればいいや、どうせ、オレのことなんか、誰も、誰も、嗅いでやしねえや、けっ!
とナゲヤリ気分だったのだけど、そのブツがとてもよかったのだ。
洗った物たちから、イイ香りがするのである。強すぎることなく、ほのかに静々と匂うのである。
パソパソ仕事をしていても、なんだかいい匂いがするぞ、んん?
と思い、クンクンしてみると、おっとっと、我が身から匂い立ちていたのだ、エッヘン!

そんな小さなことに喜びを感じるとても小さな私である。
しかし、春の匂いは、まだ感じられない。
[PR]
by keroyaning | 2005-03-07 19:26 | 日記
<< 匂いの考察。 踊り念仏。 >>