書評:飯嶋和一「汝 ふたたび故郷へ帰れず」:第一回、導入編
言葉で傷つき、傷を負うのは、
なにも、世間知らずの我々だけではない。
言葉の威力は、世界共通だ、という話をさせてもらいます。

c0072240_7253068.jpg飯嶋和一「汝 ふたたび故郷へ帰れず」。

なにはさておき、文体の小説である。
グイグイと引きこまれてしまうのである。
あらすじが、出来合いのものであるのは、この際、見逃して欲しい。
文体が凄い。「言葉」の魔力で、人の心を動かしてしまう小説なのである。


(話は続きます・・・)

p.s.
本文で紹介した小説。
よくよく見ると、素晴らしい装丁ですね。
[PR]
by keroyaning | 2005-03-15 20:24 | 書評
<< 書評:飯嶋和一「汝 ふたたび故... 今日からは歩く花~♪:アノマリ... >>

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧