日記:調子に乗りすぎてはいけない。
  お便りはこちらへ!と書いてみるものです。
  
  いくつかメイルでお便りをいただきました。とてもありがとうです。
「あんまり難しい話では、疲れてしまうでしょうから日々の生活を書いてはどうでしょうか??」
「おまえは重すぎて嫌いだ。もう少し感性で生㌔!」
「馬鹿が偉そうにするな!バカ!」
等々のお言葉をいただきました。

----

  ということで日記です。
  本日、私が育ててきたシステムが、会社の部内において本格稼動しました。といっても、私はてんでな機械オンチですから、作ってくれたのは神様みたいな専門の業者さんです。私は、「んん?ちょっとイメージが違うな!この機能は、とても大切だから是非とも抜かさないでオクレよ。たのむぜ、おい!っていうかお願いしますよ、ショボショボ・・・」って言うことを窓口となって、お願い申し上げていただけなのです。
  だがしかし、我が子供のように愛しんでいたシステムが、同じ部のみんなに使われる様になったんだ、というのはとうても嬉しく感じることであります。

  本音をこぼすと、「嫌だなあ、みんなからクレームばっかり飛んでくるんだろうなあ。私は、静かに気配を消してのんびりしていたいよ!しみじみ」と思ったのが現実です。でも、意外に好評で、私は、とても幸せな気分な一日でした。・・・ま、多分みんなまだ使ってないから、クレームもクソもないんでしょうがね、けっ!

  妙齢の女性が「ちょっと分からないんので、教えてください!」を連発して、調子に乗った私がなんとか解決策を探しながら、彼女を後ろから抱きしめたくなった。というのは、とてもとてもな内緒の話であります。

p.s.
疲れてしまった昨日。
更新しなかったのですが、今日、後付けで更新しました。
こういうことは、本当はいけないと思いますが、どうぞこれからもご愛顧のほどよろしくです。
[PR]
by keroyaning | 2005-03-28 20:10 | 日記
<< 日記:桜の季節ですね。 社会:戦いの行方を離れて、その... >>

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧