音楽:SION『comes』に少しエナジーをもらった。
 春だというのにですねえ、私は、先々週くらいから、気分が暗くて。「未来あるのかなあ・・・」とメランコリーに思い悩んだり、考える必要の無いことを無意味に考えてしまったり。本を読んでも頭に入らないし、食欲も無く、寝苦しくて。楽しいことも好きなことも、なにも考えられない状態でした。

c0072240_19434087.jpg そんな時に、アルバム:SION『comes』を聴いてみました。
 アンダーグラウンド(?)で頑張ってきたSION(←あ、ミュージシャンです、念のため)ですが、10年くらい所属した事務所&レコード会社を離れてしまいました。経緯は、噂でしか知りませんが、喧嘩別れだったみたいです。その彼の移籍第一弾のアルバムです。いわば「再生」「再起」のアルバムなわけなのですね。

 聴いてみると・・・。凹んでいた私、頭をボコン!と叩かれました。一曲目「通報されるくらいに」は、彼がゲスト出演したドラマ「私立探偵 濱マイク」の「ビターズエンド」の挿入歌として有名なのでご存知かもしれません。もちろん、他の曲も一気呵成の勢いがあったり、胸に染み入ってしまう曲もあったり、そりゃあ、凄いんですよ。本当は、ここで心に刻んだ歌詞を書こうと思ったのですが、ちょっとカッコつけすぎ(というか私が書くと陳腐なのです)なので自制しておきます。

 なにはともあれ、少し元気が出てきたこのごろの私です。

p.s.
本文に書きましたドラマ。
視聴率はともかく根強いファンがいる(らしい)連続ドラマです。
最終話「ビターズエンド」は、スチール写真に収めたいくらいの映像美に圧倒された私であります。
[PR]
by keroyaning | 2005-04-24 19:42
<< なかなかに難しい。 励まされた、ハゲハゲリン! >>