タナバタな月。
  ひどい憂鬱感覚と頭痛、吐気に身体を小突き回されていた私ですが、なんとか復調の兆しが顕れて来ました。

  一時期、まったくといって読めなかった小説、新聞、雑誌の類も興味を持って読めるまでになりました。さて、小泉政権の天王山、郵政民営化法案の行方やいかに!?・・・なんてね。
  そして、食欲やイロエロな欲望も出てきて、ありがたいことです。旬じゃないかもしれませんが、小松菜のお浸しがとても美味しいです。大鍋にワサワサ放り込み茹でて、小分けにしては、冷蔵庫や冷凍庫に保存して、毎日毎日食べています。
  ちょうど、月も替わったことだし、この調子で新しい生活に新しい体調で臨みたいと思う私であります。

c0072240_11182492.jpg  ところで、先月初めに手習い始めたギターですが、I want somethingという、アメリカはテキサス方面の泥ケチックなブルースをなんとか弾けるようになりました。右手の親指とその他の指のシンコペーション、「こんなの人間として出来るわけが無かろう・・・」と絶望していたのだけど、毎朝練習していたら、あるときスルッと出来て、この嬉しさたるや、嗚呼。
  あとブリッジミュートという「これが出来なければ、もうカントリーブルースをやめたほうがよいね、アハハハハ!」くらい基本的なテクニック。人間の手の構造上、出来やしないよ、まったく!と嘆息していたのですが、これも、今朝、フラッと(なんとなくですが)出来てしまったのです。

  なにはともあれ、出来なかったことが一つずつ出来るようになっていくことの喜びを久しぶりに感じた、元気な私です。

p.s.
現実の生活における友達にも、
ネットで知識を授けてくれたりする方にも、
浮き沈みが激しいと驚くほどすばやく喝破される私ですが、
齢30を超えていることもあり、なんとか健やかで落着した心持ちでいたいと思うこのごろです。
[PR]
by keroyaning | 2005-07-02 11:13 | 日記
<< 書評:有栖川有栖「白い兎が逃げる」 土曜日。 >>

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧