七夕でも一人。
  今日は、会社からまっすぐ部屋に帰ってきた。
  帰り道のコンビニエンスストアで、ビールと豆腐、バンバンジーサラダを買ってきて、音楽を聴きながら晩酌をしています。風呂上りに、あぐらをかいてビールを飲む。うん、気持ちよいですね。最近、ちょっと呑みすぎなので、控えめにしておきましょう。

  O・S・カード「消えた少年たち」をボツボツと読んでいるのだけど、これが面白い。ちょっとげんなりするところがあって、メソメソしてしまったものですが、いやなんとも。分厚い上下二冊本なのもとても嬉しい。嬉しい反面、まだ上巻の半ば過ぎなので、これから、なにが起こるのか!?波乱含みの展開にどきどきしている私です。家族小説なのかな??


  
  
[PR]
by keroyaning | 2005-07-07 20:23 | 日記
<< 図書室。 書評:有栖川有栖「白い兎が逃げる」 >>