料理:スタミナ炒飯で戦おう。
  明日は、政局。天下の郵政民営化法案の参議院採決ですね。政治オタクの私(嘘)は、12年前の自民党下野&細川連立政権誕生の暑い政治の夏を思い出さずにはいられません(嘘)。

 c0072240_13402363.jpg 
  ところがどっこい。明日はもう一つ大きな出来事があります。スペースシャトル「ディスカバリー号」の帰還予定日です。2003年のコロンビア号の爆発事故の後遺症が残り、打ち上げまでは紆余曲折がありました。
  まずは、打ち上げ直前にセンサーの異常が発見されて、打ち上げが延期されました。NASAは原因究明を図るも究明に至らず安全基準を緩和して、打ち上げを強行しましたが、耐熱パネルを振り落としながら痛々しき大気圏突破。そして、野口さんの「なんていい眺めなんだ!」という爽やかな第一声や華々しい船外活動等が、なにかとこのちっちゃな地球上の不穏な世情に明るさを与えました。
  その傷ついたディスカバリー号が明日、青い地球に還ってきます。こんなにもどたばたしたシャトル打ち上げというのは、おそらく初めてだと思いますが、本当に心から無事なる帰還を祈っています。

----

  スタミナ炒飯の話です。

 ①ニラの微塵切り、玉葱の微塵切りを適当に用意します。
 ②冷や飯に①と卵を投入して、塩、醤油で適当に味付けして適当に混ぜます。
 ③フライパンに油を入れ、熱くなってそうな時に大蒜スライスを適当に入れます。
 ④黄金色(というのは比喩で)焦げ目が付いたら、挽肉を入れます。
 ⑤適当な頃合いを見計らって、②を投入して、パフォーマンス優先でフライパンをカポカポ振ります。
 ⑥出来上がったものを器に盛り、カイワレ大根と紫蘇の千切りを載せていただきます。

  ニラのシットリ緑が艶やかで、カイワレと紫蘇の青々しさが涼しげで見た目にもよいですよ。
  ただし②で冷や飯に卵をあらかじめ混ぜるやり方は、邪道であるためか、料理の本やテレビで観たことがありません。私は、とてもいいやり方だと思うのですけどね。一般的には、「卵をフライパンに投入して、静かに五秒放っておき、おもむろに冷や飯を投入するのでアル!」と言われているようです。
[PR]
by keroyaning | 2005-08-07 13:16
<< 音楽:踊るブルース・ミュージック 日記:生活の糧 >>