行きつけの飲み屋で、手品を教えてくれた臨時のアルバイト女性が、昨日でおしまいになりました。雰囲気は、イケイケゴーゴー!な女性なのですが、色々と話をしていると、ずいぶんと真面目な内面が、にじみ出てきていたのを、敏感な私は察知しました・・・。

  普段(八月以外)は料理学校に通いながら、働いているそうで、その合間に焼酎ソムリエを目指しているそうで。って、聞いた私は、「フム、よくある話であるものでアル、フム」と思ったものですが、彼女の勉強ぶりには、参りました。
  焼酎本を、女性が扱うには、ずいぶんと乱暴に扱い、蛍光ペンでベロベロと線を引き、ページをズキズキ折り曲げて、しっかりと勉強しているようでした。
  ・・・人見知りをする私ですので、そこいらへんの部分だけ、「ああ、好ましいものであるなあ」と嘆息していたものです。

  
[PR]
by keroyaning | 2005-09-01 06:41
<< 日記:喧騒を離れて 日記:政治の秋、手品な私。 >>

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧