思い出の考察。
  世の中では、ジンギスカンが大流行らしいですね。
  今晩、モツ鍋を食べに行きます(・・・文脈破綻していますね)。
  
  モツ鍋といえば、今から10年チョット前に大流行しましたよね。当時、汗臭い大学浪人生であった私は、一足先に大学に行ってしまった友人の「モツ鍋でコンパするとなあ、女性とも親密になれていいぞ。鍋の効用というか昂揚っていうか、エヘヘヘ」という言葉が印象に残っています。

  その後、キャンパスに足を踏み入れた私は既に二十歳になっており、私の十代は過去のものと過ぎ去り、モツ鍋ブームもすっかりと廃れて、残るは潰れたモツ鍋屋ばかり・・・。というわけで、切なくしょっぱい思いのあるモツ鍋。一緒に行く友人は、既婚男性1名、結納を済ませた女性1名、もうすぐ結婚する(らしい)女性1名。

  齢30過ぎて味わうモツ鍋もしょっぱい思い出になりそうな予感に満ちた秋の朝です。
[PR]
by keroyaning | 2005-09-09 07:58
<< 書評:J・ロルフ/P・トゥルー... 考察:アフォリズムについて >>