日記:センセーは語る。
  読書の秋が、ついついネットに嵌まってしまって、散々な連休最後の日でした。パソコンに向かってばかりだと、肩が凝ってしまうのですよね。ネットサーフィンをしていると時間の経過を忘れてしまい、いつの間にか夕暮れになっていたりして・・・。

  さて、いま一番ホットな「杉村タイゾー」センセーのまとめサイトなんぞを熟読してしまいました。そこで紹介されているセンセー語録の一部を転載してみましょう(実際には、動画を見ていただく方が脱力感に浸れます・・・)

>(道路脇にて)「なに?候補者募集してんじゃんと。おいおいおい、なんだおいと・・・」
>(立ち食い蕎麦屋にて)「料亭行った事ないですよ!行きたいですよ!料亭!」
>(研修会終了後、応えて曰く)「勉強になったことは、将来的に有名であることが有力ではない。必ずしもそうではないと」

  現在のところ、当然のことながらバッシングが激しい情勢ですね。しかし、判官贔屓というか天邪鬼な私は、一人くらいこんなセンセが居てもいいのじゃないかい?と、10人いたら1人くらいが発言するような見方をしてしまいます。国会議員は、グリーン車乗り放題だとか、歳費がウン千ナン百万円貰える。たしかに、言葉・イメージとしては人々が認知していていることも、彼の口から放たれた時のリアリティは凄いじゃないですか?

  イメージ⇒≪タイゾー放出≫⇒人々の反発・共感=感情創出。

  古来、畏れ敬われてきた言葉の力、すなわち言霊(コトダマ)思想というものを身近に感じました。そういえば、小泉首相の十八番であるワンフレーズ・ポリティクス、共同体の異分子なんかも、アニミズムや異邦人(トリックスター)を想像させますから、タイゾー先生、天然的に政治トレンドを見抜いているのかもしれません。

p.s.
獅子身中の虫。
内部からの火種になりかねないタイゾー先生ですが・・・。
陰謀説の好きな私は、むむ!忍法「袋返しの術」をやっているのかな---?
と思ったりしてしまいます。というのは冗談ですが、今後も想像力を掻き立てて欲しいものです。

p.s.
畏れ多くもトラックバックしてしまいました。
杉村太蔵 ブログ : http://sugimurataizo.net/
[PR]
by keroyaning | 2005-09-25 21:53
<< 書評:中島祥和「遥かなるマッキ... 日記:神輿に乗せられた文学と思... >>