c0072240_6444678.jpg  注意:ムンクの叫びの実写版のような左写真は本文に、少し関係があります。

AERA05.10.31号に「村上・三木谷・堀江の暗いパワー」、「楽天・三木谷が恐れる三つの弱点」等が特集されていました。内容には詳しく触れませんが、相変わらず百万遍念仏の法会じゃあるまいし、お題目として叫ばれるのは「ネットと放送(メディア)の融合」。




1.情報検索
ポータルサイトを辞書代わりに使用する。
初恋の人を検索したりしますよね。

世界中の情報にアクセス可能な夢のツールの本領発揮

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

仕事に役立つ便利なサイト
http://www.benri.ne.jp/


2.娯楽

ネットサーフィン

お気に入りのサイト(現在ではブログも含む⇒星の数ほどあり、玉石混合で、サーファーの選択肢は増えた)、

2ちゃんねる

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/employee/1124983267/422-429
のヤリトリを眺めながら、ホンワカした気分になるのも娯楽であろう。


3.ショッピング

amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/
日本の古本屋
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon
・通販
・ここにネットとメディアの融合を求める

消費財調達に係るリージョナル・デバイドの解消

しかし、自分が欲しいと決めた定型化された消費財の購入の場。
←消費意欲の新規開拓への影響度は飛躍的に大きいものではない。
but,amazonで「コレを買った人は、アレも買っていますよ!」はケッコウ釣られたりしますけどね。


4.映像等のコンテンツ配信
ネットインフラのイノベーションによって視野

シュンペーターが説く技術革新(イノベーション)の結実であり、もっとも評価されうる段階に入ったことを示す。




さて、神保町ネット
http://jimbou.info/
[PR]
by keroyaning | 2005-10-26 06:43
<< 世評:人の心は、かくも移ろいや... 書評:谷甲州「ジャンキー・ジャ... >>

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧