世評:いま、ウォームビズがクソ暑い!
c0072240_5542673.gif c0072240_5543484.gif  


  暖房が嫌いだ。
  北へ向かう列車内。寒いなら寒いで、コートの襟を立て、ウイスキーの小瓶をチビチビやりながら背筋を伸ばしていたい。一番嫌いなのは、「冬なのに汗だくになって、事務仕事をしなければいけない理由を教えて欲しい」とアンニョイなアンビバレンツを感じてしまうオフィース空間。これは、しみじみと切ない。
  熱気溢れる議論の有無に関わらず、四六時中発熱放射のOA機器。ガァー!と大音量で紙々を排出するプリンタ。ゴォー!と雄叫びを上げて紙を引き裂くシュレッダー。熱源のジャングル=オフィースが熱い、というか暑い。

  それが今冬解消されて、「原点に立ち返る」らしい。ウォームビズ。喧伝されたる環境省曰く、


環境省では地球温暖化防止のため、暖房時のオフィスの室温を20℃にすることを呼びかけています。 “寒い時は着る”“過度に暖房機器に頼らない”そんな原点に立ち返り、“暖房に頼り過ぎず、働きやすく暖かく格好良いビジネススタイル”それが「WARM BIZ」です。


  働きやすく暖かく・・・格好良い?ビジネススタイルだそう。地球に優しくて、格好良いのなら大変結構。諸手を挙げて大賛成で大歓迎なのだが・・・。うまい話がそうそう転がっているわけないのが世の常で。日本経済新聞平成17年11月14日付けの記事から引用すると(以下、太字はすべて同記事)、


ウォームビズ掛け声倒れ?
真冬でも、冷房をかけなければ室温は二十八度。窓は開かないし。(中略)三年前に新装開業した丸ビル以降のビルは冬でも冷房が常識。


というオフィース環境の中で、ウォームビスを断行するならば、


「二十度」だけが一人歩きし、暖かいのに冷房で室温を下げてしまわないか心配だ。(中略)「ウォームビズ」というネーミングで、体を温める方向性しか示していないのも気になる。


と、二十度設定という金科玉条が唯我独尊、暴走暴徒化するのでは?という懸念の声が上がっている。

  うーむ。要するに本来、「暖房設定を例えば25度に設定しているオフィースがあれば、地球に優しい20度設定にしましょうね」という御題目が、「空調設定を20度に設定しているので、冷房がガンガン稼動して全然優しくないよ!」という御託宣となって跳ね返ってくるという次第。旗振り役はどう考えているかというと、


(データの根拠となる企業アンケートを行った経済産業省の外郭団体、省エネルギーセンターによると)「空調の設定温度を聞いただけで、冷房を使うオフィスがあるとは知らなかった」


なんともトホホなオチが微笑ましい。

  さて、現実の職場環境を振り返ってみると。暑い!とにかく暑い。昨日、温度計を設置したところ24度あった。これは、①環境省お達しのウォームビズを完全無視して高温暖房を入れている②ウォームビズの本来的命題を忠実に実行して冷房を止めている、のいずれに因を起する現象だろうかね?と首を傾げた@オフィース・スペース。

  なにはともあれ、ラッシュ満員電車内に、猛烈な熱風を送り込むのは止めてくれ。営団地下鉄東西線!!ここでは、がんばれ!ウォームビズ。

(本稿以上)

p.s.
夏のクールビズは流行りましたね。
経済効果も随分たくさんあったそうですし、
政治の色分けにおける視覚効果も抜群でしたね。
小難しい理屈を抜きにしても人間らしく生活できたのが嬉しかったものです。


c0072240_7485181.gif1クリックでランクアップポイントをもらえるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。よろしくお願いします。
         
     ☆☆☆人気blogランキングへ☆☆☆
c0072240_7491216.gif
どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-11-30 06:07
<< 世評?:財布バトンに参加しましたよ。 ブログ考察 >>

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧