事件いっぱい、お腹いっぱい。

  社会派ブログマンとしては、テンコ盛りの新春です。ライブドア事件、証人喚問、最高裁判決。さて、ナニからエントリしようかな?とワクワクしていますが、"ブログ・ジャーナリズム"の世界の人気ナンバー・ワンは、ライブドア事件のような気がしますね。極東ブログは陰謀論の店ざらし、R30は一ひねりした陰謀論、ガ島通信はフライング報道の是非、真性引き篭もりは、、、うーん、沈黙を守っていますねw・・・。証人喚問も、ましてや最高裁判決も超時空に飛んでいってしまったようです。

  さて、私も社会葉ブロガーの一翼を担うブログマンですので、これらの問題に触れなければいけませんね、と思いながら、大嵐に見舞われ、遠い異国に飛ばされてしまった文芸世界の芥川賞・直木賞について、考えてみたいと思います。

  「沖で待つ」の絲山秋子さん、受賞おめでとうございます。芥川賞候補三回、直木賞候補一回。実際のところは、分りませんが、荒海の帆船のように右に左に風打たれ、お疲れ様でした。

(本稿以上)

[PR]
by keroyaning | 2006-01-18 19:58
<< 絲山秋子から、日常性を考えてみた。 a >>