<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

土曜日。
  
  洗濯も、掃除も、買物もする気力がなくなっていた。
  食事は、なんとか有り合わせで摂取したのだけど、あとは眠っていたのだ。

  朝からビールを飲み、酒を飲み、、、鬱症状が出ているときには、絶対にやってはいけない、と自他共に言っていることをやってしまった。

  眠り薬を飲んで、とにかく眠ろう。
  明日の朝になったら、買物に行きしっかりとしたものを作って食べよう。
  洗濯をして、天気が良かったら布団も干そう。

  
  
[PR]
by keroyaning | 2005-06-25 20:36 | 日記

金曜日。
  なんだか、とても疲れてしまって、もうもうゆっくりと週末は休みたいものです。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-24 20:50 | 日記

飽食の虚空。
  今日は、直属の親分に誘われて、グルメな会に参加してきました。
  実は、今朝ほど調子の悪い日は、ないほどで、そのありさまは、通勤時に駅へ向かう途中で、カミナリのような吐き気に襲われて、梅雨時の地面にて悶絶しそうなほどの非道いありさまでした。なんとか、地面で転がることは免れて、会社に文字通り這うようにして、到着して、これじゃあ、とても夜の集まりにはでれないや!と思い、親分に断りをいれようとしたのですが・・・。
  なんか、今日に限って親分は忙しくて、中々につかまらず、結局昼過ぎてしまったので、仕様がないので、「ええい!ままよ!ママ助けて!」な気分で参加しました。

  結論から、ご報告しますと、とても楽しかったです。
  釜焼きピザを食べ、泥鰌鍋を食べ、カラオケでブルーハーツを唄い。
  職場の気になっていた女性とも帰り道、わずかながら一緒の二人きりになり。

  まったく無問題で、楽しそうな自分なのですが、どうにも刹那的な、というと嬉しそうなのですが、なんというかままならない未来への時間つぶしみたいな虚無感に囚われてしまう、嫌でたまらない私であります。

ps
明日は、花の金曜日。
職場のレイアウト変更が、
ヒキコモリな私には辛いのですが、
それを乗り切れば、週末です。関東地方は、
エライ暑くてたまりませんよ!だけど晴れますよ!!
という予報なので、とても楽しみです。なんとか元気になりたいものです。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-23 23:20 | 日記

雨のち晴れ・・・るのかな???
 関東地方は、ジメジメで、世界を破壊したくなるようなうっとおしい天候な毎日です。
  
  そのせいなのかわからないのですが、私の頭心もごちゃついていて、低空飛行というか沼地に不時着してしまっているような毎日です。
  なにを考えても悲観的になってしまって、翌日、現実に対峙したときには、全然問題にならなかったりして、「ああ、一体なにをなやんでいたのだろうか?」と、またまた悲観的に考えてしまったりしてしまいます。

  なんとか、この夏を乗り切りたいと思うこのごろです。

  読了本:大沢在昌「涙はふくな、凍るまで」
  巻き込まれ型、ノンストップ(←惹句から)なアクション物語です。鼻くそほじくりながら、読むのがふさわしい本(失礼です)だと思いますが、私はじっくりと読んでしまいました。

p.s.
明日は、グルメテック親分に連れられて、小数人数でグルメ旅にでかけます。
本当は、辞退したいのだけど、約束した後に親分がメデタク出世したので、お祝いの声をかけて差し上げなくちゃナ、なんてエラソウに思って参加するのです。
気になっていた女性も一緒なので、
一昔前ならば「ムフフ、エヘヘ、ウフフ」な飲み会ですが、ちょっと尻込みしてしまっている自分が、なんだか嫌でたまらない私です。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-22 21:37 | 日記

現実と幻想?
  「極上の小説とは、リアリティとファンタジーの絶妙なるブレンドでアル」という、非常に分かり易く、また示唆に富んだ箴言なるものを、最近読んだナニかの本の解説だか、雑誌(実話系列含む)で読んで、フムフムとおおきく首肯した私です。
  ここで、大上段に「物語とは、なんぞや?」みたいなカッコのよい内容を書きたいのですが・・・。

---
c0072240_2039726.jpg
  今朝は、週初めだというのに、なんだか職場の雰囲気が悪くて疲れました。私の職場では、役職が上でも年下であるならば、その部下?に対して礼節を重んじる、古きよき朝鮮系統の儒教道徳が幅を利かせていたのですが、「だから、ちがうっていってるでしょ!」「こんなものを作る時間があるなら、ほかのことを進めてくださいよ、トホホ」なんて、言葉が飛び交っていました。あるいは、上司同士で、「それは、あなたのところでやってくださいよ、こっちは手一杯なんだからカラカラ!!」なんて、遊んでいるんだか、本気なんだか分らないせめぎ合いがあってしまったり。
  朱に染まりやすい私は、そんな言葉が、我が胸に飛び込んでくるようで、朝から、やるせないほど疲れてしまいました。

  会社帰りに買った本。玄田有史「仕事のなかの曖昧な不安」・・・・・・

p.s.
サボテン頭をスッキリ丸刈りにしたのだけど、モミアゲを刈り取られて傷心している私です。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-20 20:37 | 日記

日記:また、日記ですみません_| ̄|○・・・
  昨日の「夏祭り」の余波を予定していたわけではないのですが、会社で仲良い友達たちと飯田橋のチャンコヤに呑みに行きました。
  四人で出かけて、私を含めた3人が同じ会社で、もうひとりが他の会社の女性。イロエロリングに、祭りの話が出るかと思いきや、まったくそんな話が出なくて、「なんだか、いつまでも、東京ラブストリーみたいに仲良くしたいみんなだなあ・・・」って、三十過ぎのおっちゃんらしくない、ネバーランドテックな思いに耽った夜でした。

  その中の男一人は、素敵な女性と結婚して、あとの女性二人は、そろそろ、結婚の準備に余念がなく、私一人が、アア、な独り身をかこつであろうだな、な仲間なんですけれど。

  いつまでも、フウダラと仲良くしていたいなあ、なんて無理を承知で深く深く考えた夜でした。

---

  さてと、ギターの練習を始めますよ。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-18 00:04 | 日記

日記:夏祭りには早すぎる
  世間の片隅でサラリーマンをやっている私ですが、サラリーマン社会の一大イベントの季節であります。人事異動というやつですね。梅雨の時期で、夏祭りには早いですが、私の会社でも昨日、そのお祭りイベントが、盛大に始まりました。
  人事異動に憑き物なのが、昇格辞令というもので、「やれダレソレが部長になったぞ!」「おう、あいつが同期の第一選抜で昇格したとは、むぅ!」なんて、職場のソコカシコで、ヒソケソと噂話に花開いていたものです。花咲く脇で、沈思黙考して肩を落としている人もいたりして、なかなかにドラマが繰り広げられておりました。

  私の近くでは、直属の親分が階段を登ってしまったり、お笑い好きで話の合う大阪人間の後輩が遠くアメリカに行ってしまったり。気になっていた女性がそのまま残留になって、嬉しいんだか、哀しく生殺しなんだかわからず、モンモンとしてしまう、そんな一日でした。

  あ、私はイロエロな事情があって、あと十年くらい今の部署でケソケソ働くことになりそうです。

p.s
サラリーマンの悲哀?
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/employee/1117621704/
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/employee/1112309238/
[PR]
by keroyaning | 2005-06-17 07:54 | 日記

日記:
  むぅ。お久しぶりです。
  ---といいながら、恐くて、アクセスされている人数画面を見れない私です。。。

  ひところには、2chという匿名な掲示板に日記をつけて、一人で盛り上がっていた私ですが、このたびうまく書けないことになりまして、おっしゃあ--ブログで書きまくるか!ウヘ-と思ったのは、さてさて二三日前のことであります。

  でも、せっかくのブログというスタイリッシュなものをもらっているので、ここにバスバスリとしっかりと書き込もうと思った次第です。
  なんだか、中途半端な書評とか、、、、、困ってしまうのが現実の私ですが、これから一所懸命に、イロエロリなことを書きますので、今後ともどうそよろしくお願いいたします。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-15 20:30 | 日記

日記:ふうてん読書。
  最近、大沢在昌の読み損ねていた本をたくさん読んでいます。
  とても、楽しく、時間を潰せるのだけれども、正直、惰性で読んでいては、大学浪人中の「赤川次郎」や「西村京太郎」扱いになってしまうと思い、いろいろと感慨深い有様です。

  料理は。自炊はな私ですが、犬の飯のようなものを喰らい、けそけそしている情況なので、この週末には、グッデイな「生姜焼き」でも作ってたべようと思っています。お勧め料理が、それだけな、貧弱な私であります。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-02 20:07

日記:元気になりました。
 イロイロと気に悩むことがあって、ぐたぐたとした生活を送っていましたが、先週くらいから少しづつ元気が湧いてきて、イロエロなことに興味が向かえるようになって来ました。

 仕事以外に自分にナニができるかなあ?
 と、深々く思い悩んだことがあったこのごろでした。私は、音楽が好きで聴いていると、調子がよいときは、「聴くだけではだめだ!演奏したいものであるよ!!」と感じることが多々あり、このたびも、そう強く思ったのです。
 
 ギターを買いました。アコーステックなやつです。
 以前、他の楽器をやっていたときに、おざなりにしていた音楽理論!!(「楽典」というものです)も含めて、一所懸命頑張り練習して、32歳から生まれ変わろうと思う次第です。がんばります。

p.s.
コロボックルの感想文。
途中になっていますが、必ず続きを書きます。
続編を読み直してみて、改めてその「第一作目」の力強さを再認識した私です。
[PR]
by keroyaning | 2005-06-01 20:11 | 日記