<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

考察:アフォリズムについて
  私の愛読する「週刊spa!」の読者対象年齢は、U35(35歳未満ということですね)ということで、ソロリソロラと限定年齢が近づいてきてしまっている私でありますが・・・。この雑誌、ときどき働く独身男性、女性の心を上手くつかむのです。

  先週号の大見出しは、「勢いで会社を辞めちゃった人々のその後」。うーん、ありそうだよなあ。それに比べて、我が身は勢いに流されず、流される流木にしがみ付きながら、「こりゃ、あかんわ、陸地に泳ぎ着こう!!」と、荒縄で会社に身体をくくりつけた我が身を誇りに思ったりして(寂しい私です)。アフォリズム(警句、箴言)特集をやっていました。

  「仕事とは?」:「それがないと時計の針が進まないもの。」
     ギクッ!としました。ポンッと膝を打った私は、ダメリーマンです。
     
  「恋愛とは?」:「いかなる法則もルールも存在しない心理ゲーム」
     ノーコメント。

  「結婚とは?」:「人は変わっていくと思い知らされるもの」
     うむ、なかなかに慧眼であるものであるな。だがしかし、変わるバイアスというものを
     明確に示してもらいたいものであるものだな。

  と、先週号は、非常に読み応えがある特集で、ラインマーカーを引きながら熟読した私でありますが。今週号も、また興味深き特集をやっています。題して、「結婚できなかったらどうしよう~症候群」。というのは、「いらんお節介を焼くなや!くそ!!」でスルーしたのですが、別の特集で「ザ・時給白書」というのがありまして。

  世間は競争社会です。
  便利な家電が溢れるわ、便利なサービスが浸透するわ、実際豊かな社会であると歴史的に認知されている現代社会ですが、比較原則というのは厳然と存在するわけで。以前は、平均年収が云々と叫ばれていたわけですが、それに飽き足らず、「高い年収?プゲラッチョ!!」ということで、あろうことか、年収ではなくて時給でサラリーを計算しようという特集です。

  その「禁断」の計算式とは、「年収÷(月の平均労働時間×12ヶ月)」というものです。
  この計算式のキモは、自分の自由になる時間を切り売りして、高年収をはじきだしているのでは?ということを白日の下に曝け出そうということなのですかね。

  なにはともあれ、「比較」、「戦い」というのは、人類史上、普遍的な話題であり活力・動力であるようです。
[PR]
by keroyaning | 2005-09-07 20:48

黒猫くん
2005年9月12日にデジカメゲッチュ---した。


c0072240_21121645.jpg 















部屋に飾ってある写真をパクった・・・
その写真は、昔電車のタレ広告をむしり取った。
左方面に、アラビア文字字幕みたいに読めるのが、

「楽しさは、自分の中から生まれてくるんだね。うん。」

私の座右の銘となっています。(ブログを始めて、初めて太字を知った)。



↓潰れかけの飲み屋の一席。
カップルシートを占拠しているオイラが敗因かも。


c0072240_20391995.jpg
[PR]
by keroyaning | 2005-09-06 20:33

考察:仕事ってなんでしょう?
  今日は、温泉休み明けの日でした。
  精神的には、「いっちょ!がんばって、火の玉の如く、がんばろう!!」という、修辞学的矛盾に満ちてはいるけれども、その心意気は買って欲しいものだよね---!という勢い盛んな朝の私であったわけですが。。。

---

c0072240_20393627.jpg
  仕事について考えてみました。
  参考書は、黒井千次「働くということ」(講談社現代新書)です。
  この本は、要約すると、働くこととは金、生活のためのみにあらずや!という話であります。出版が1982年でありますから、「稼ぐが勝ち」(堀江貴文)という極論を論ずるに、まだまだ不可能な時代の主張であります。



  現代(1982年)の仕事(働き方)は、

>製造工程のどこかの一端に参加して働いているに過ぎない

  という分業体制が、仕事という活力を削除してしまっているのである。本来、仕事とは、全体に携わってこそ満ち溢れるものであり、責任が個人に帰すべきものである。と言っているようです。
あるいは、

>(勝海舟の)「氷川清話」を読んだのは会社に入ってから、十年以上経ってからであり(略)
>なんだ、明治の中期も今もあまり変わっていないではないか、
>というのがぼくの感想であった。

  というように、仕事とはすべからく普遍的なモノであるということを述べています。

  昨日のテレビで、大工さんが、「家を作ることは、地図に残る仕事だ」と胸を張って、宣言していました。言われてみると、言われるまでも無く正論、正鵠を射るなのですが、そのような幸せな「仕事」をやれる人は、あんまりいないのじゃないのかなあ、という諦念に溢れてしまいます。

  だがしかし、諦念が、ニヒリズムに昇華して、「仕事なんて、カネのためだぜ、ベイベ!!」とか、「仕事?六本木に来るためのナリワイに過ぎんよ!ハニー」なんていうことのないように、これからもイロイロと考えたいなあ、と思っている私です。

p.s.
作者、黒井千次。
物語「黄金の樹」はとても感銘深き一冊です。
シリーズ物の最終巻だとおもいますが、単独で読んでもグッときますよ。
  
[PR]
by keroyaning | 2005-09-05 20:24

書評:高田崇史「QED~ventus~熊野の残照」~旅情ミステリとモエモエ
  温泉に行ってきました。
  ボロくて安い宿だけど、温泉は本物だし(多分)、せせらぎの音も涼しげで、とてもよいところです。なによりも他に客が、だーーれもいなくて、温泉貸しきり状態なのが嬉しいことでした。あ、飯はあんまり美味くありません。あと独身中年二人(兄弟?)が、切り盛りしているので色気は全くありません。というか、ちょっと不気味です・・・。
  
  今回は、湯治が目的だったので(嘘、仕事で疲れた身体の骨休めです)、ほとんど宿の部屋に引き篭もって、ビールを飲みながら本を読み、窓からの山緑を楽しんできました。いそいそと観光地巡りをするのではなく、畳でゴロゴロしながら都会を忘れるのもよいものです。

---

  さて、旅先で本を読みました。「行動経済学入門」という心理学的アプローチから、伝統的な経済学に殴り込みをかけるスリリングな本も持っていったのですが、やはり旅情を誘う本に手が伸びてしまいます。

c0072240_13251240.jpg  高田崇史「QED~熊野の残照」。このQEDシリーズ、以前も述べましたが、基本的に民俗学的薀蓄本でありますが、主人公たち御一行が、旅先で事件に巻き込まれるという体裁であり、旅行本でもあるわけです。で、今回は紀伊の国は熊野の神々にまつわる話が展開されます。
  シリーズ未読の方が、大多数だと思いますので、まずは簡単な説明をしますと、鎌倉、岡山等々を舞台にして、その地にまつわる民俗伝承、あるいは歴史事象を具材にして、薀蓄話が展開されます。その基本的な決め事が、「騙り」というものです。
  「騙り」とは、時の為政者の隠しておきたいことを後世に伝えるための便法であります。例えば、出雲という地名。雲が出る国と理解認知されますが、真実は、雲=蜘蛛(クモ)であり、「蜘蛛という人々の出る国」ということが「騙り」隠されているのだ、というそうです。
  
  そして、このシリーズもう一つの作りが、安直ミステリです。これは、ぶっちゃけどうでもよいチンケな事件に主人公たちが遭遇して、まあ、イロイロな偶然等に助けられてめでたく解決してしまったりするというわけですね。
  さて、今回の「熊野の残照」ですが、なんの薀蓄であるのか?もちろん熊野の神々であったり、不老不死伝説である徐福伝説であったりするのですが。うーん、今回はちょっと弱いかな・・・。でも、古代史が好きな人は、結構唸りながら楽しめる趣向かと思います。
  
  ここからは、マニアックな話です。今回の作品は、今までとずいぶんと毛色が違うつくりになっています。語り手が、主人公の女友達(=ヒロイン、助手役)ではなく、別の人物であるということ。この人物配置によって、今までその形態上制約があった助手役女性がクッキリと描写されています。従って、昨今巷を賑わせる「萌え系」が好きな人は、モエモエしてしまうのではないかと思います。
  そしてもう一つの相違点。先ほど述べた本シリーズの柱の一本、現実のミステリが無いのです。ミステリはあるのですが、これは過去のミステリであり、ドタバタが回避され、より純粋に薀蓄方面を堪能できる仕組みになっています。そういう意味で、この作品は分水嶺となる可能性も示唆しており、今後が楽しみなシリーズであります。
  
p.s.
旅先では、
村上春樹「象の消滅」という
逆輸入版?の短編集も読みました。
その中に「沈黙」という作品があるのですが、
え?っテ思うほど、「らしくない」現実感溢れる作品で驚きました。

p.s.
全然関係ないけど、
これ、とてもおもしろいですよ。 
[PR]
by keroyaning | 2005-09-03 17:17 | 書評

日記:喧騒を離れて
  今日から、一泊がてら温泉に行ってきます。

  本当は、今日デジタルキャメラを購入して、明日からの温泉地でイロロロ撮ってやろう!と思っていたのです。が、なにもカメラマンとして、温泉に入るわけではないし、都会を離れてまで、小さい写真フレーム男になるのは、小さ過ぎるものであるな、と思い直した次第です。なにしろ東京は暑いですからね。早く、脱出したい、というのが本音です。涼しい(はずの)彼の地で、のんびりしてきます。

  後ですねえ、平日の朝、出発する良いところは、ラッシュと逆向きに進むわけで、込み合う反対側の電車やホームをビール片手に、ウシシシ!と飲む喜びがありまして。・・・と、他人の労苦に対して優越感を抱いたり、他人と比較するなんて、とても小さすぎる人間では、駄目だなあ、と思う私です。

  でわ。
[PR]
by keroyaning | 2005-09-02 08:10

  行きつけの飲み屋で、手品を教えてくれた臨時のアルバイト女性が、昨日でおしまいになりました。雰囲気は、イケイケゴーゴー!な女性なのですが、色々と話をしていると、ずいぶんと真面目な内面が、にじみ出てきていたのを、敏感な私は察知しました・・・。

  普段(八月以外)は料理学校に通いながら、働いているそうで、その合間に焼酎ソムリエを目指しているそうで。って、聞いた私は、「フム、よくある話であるものでアル、フム」と思ったものですが、彼女の勉強ぶりには、参りました。
  焼酎本を、女性が扱うには、ずいぶんと乱暴に扱い、蛍光ペンでベロベロと線を引き、ページをズキズキ折り曲げて、しっかりと勉強しているようでした。
  ・・・人見知りをする私ですので、そこいらへんの部分だけ、「ああ、好ましいものであるなあ」と嘆息していたものです。

  
[PR]
by keroyaning | 2005-09-01 06:41

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧