<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

書評:山田詠美「PAY DAY!!!【ペイ・デイ!!!】」~喪失の存在
Pay day!!!
山田 詠美 / 新潮社
スコア選択: ★★★★★

ハートウォーミングだけど、考えさせられる物語。お勧めですYO!!


  ホラ話である。
  流行りの「奇譚」、あるいは横文字「トール・テイル」と言い換えても構わない。それほどまでに、懐かしさが満ち溢れ、涙腺を緩ませる温かい物語なのだ。すなわち、現実世界においては、「絶対にありえないだろ!おいっ!」と、猜疑心が芽生える故に、まったくもってのホラ話なのである。

  あらすじをなぞってみよう。両親の離婚に伴い、離れ離れに暮らすことになった双子の兄妹。兄ハーモニーは父親家族とアメリカ南部で、妹ロビンは母親とマンハッタンで暮らすことになる。しかし、二人の母親は、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に巻き込まれ、行方不明になってしまう。ロビンは、父、伯父、祖母(そして兄)たち家族と新しい暮らしを始める。彼ら家族は、キャラクター豊かな人物である。
  中でも「男はつらいよ」のフーテンの寅を彷彿させる伯父。飲んだくれだが、どこか愛らしく憎めないところがあり、思春期の悩み多き双子の良き相談相手である。物語は、そんな善き家族に囲まれた双子たちの恋愛模様が、縦糸、横糸に織り込まれて、良質の青春小説として展開していく。
  
  しかし、拭うことの出来ない通奏低音として、母の「不在」が鳴り響き、影を落とす。「喪失の存在感」である。例として、ハーモニーがロビンを新天地で迎えるに際して、ギターを弾き語る場面を引用してみよう。

ココニイナイ。ハーモニーは、ロビンの言葉を反芻した。ココニイナイ。ここにいない人のために、多くの歌が作られて来た。(中略)触れることの出来なくなった人。見ることが叶わなくなったもの。嗅ぐことの許されない匂い。鼓膜を震わせてくれない声。失ったキスの味。喪失の思いは過去を抱き締め、人を歌わせる。 

  ココニイナイ喪失感が、人々を導き、創造へ駆り立てる。喪失の存在感は、物語の最後で再び語られる。

母が死んだおかげで。そう、母の死がなかったら、自分たち家族は、こんなにも急速に強く結び付くことはなかった。大切な人の死は、魂を成長させる。 

  契機として人間の死を語ることは危険だ。人間の尊厳に対する冒瀆でありタブーかもしれない。しかし、思春期の重大なイニシエーション(通過儀礼)として、大切な人の死=喪失を受け入れて二人は成長するのだ。いや、家族全員が・・・。
  
  さて、ホラ話である。小説世界でのみ開花可能な美しい徒花に過ぎない、ならば非常に残念だ。また、舞台がアメリカ南部に設定されていること。現在の日本において成立し得ない、という作者の諦念に由来するものならば、悔しく哀しい。読了後、「ココニイナイ美しい徒花を現実に咲かせたいものであるよ!」と、青臭い余韻に浸った私である。


1クリックでランクアップポイントが与えられるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。どうぞよろしくお願いします。
         
☆☆☆人気blogランキングへ☆☆☆

どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-10-10 15:14 | 書評

p.s.
と青臭く偉そうに、
感想文を書いた私であります。
堅苦しくて肩が凝ってしまうような書きぶりですが、
excite.Bookのブックレビューコンテストに応募したものです。

コンテストの課題図書として、
本作品と出会い、感動したわけです。
もし課題図書として挙げられていなければ、
あるいは、コンテストがなかったとしたならば、
出会えなかったかもしれません。そういう意味でいいキッカケでした。

・・・と、ちゃっかり尻尾をフリながら、媚を売っている私です(←嘘です)
[PR]
by keroyaning | 2005-10-10 14:28

日記:部屋を壊され、直されました。
c0072240_6295092.jpg  要塞化した我が部屋ですが、テキに窓を破られて、見るも無残な窓の無い窓になってしましました・・・。
  というのはもちろん冗談で、マンションの一大改装工事とやらの一環で、部屋の窓を替えてくれるらしいのです。案内状には、「サッシ交換」としか書いておらず、果たして、サッシとは①窓枠のこと②ガラスも含めてのこと、、、のどちらであるのか、大いにに悩んだ私であります。


c0072240_6301774.jpg  ここまで来ると私にもわかりました。  
  大リーグ中継を眺めながら、松井選手の活躍で五点差を逆転して、「よっしゃあ!!」と叫んでいるうちに、綺麗で堅甲な窓ガラスと枠組みが入ることになりました。いえ、リフォームとか、洒落た話ではありませんで、マンションの修繕費を利用して一斉に組み換えが始まったのです。風が強い時は、ガタガタ泣く窓だけど、まあ、元気にやっているからいいよね---、って思っていたんですけど。


c0072240_630398.jpg  そうこうするうちに、ヤンキースは負けてしまい、後がありません・・・。
  しかし、新しい窓ガラスはキレイですね。心のゆがんでいる私も、なんだか新しい窓を透かしてみる外の光景は、見違えるように思えます。ただ、割れてもOk!(←物理的に)な鉄線入りのガラスなんだけど、割れてもOK!(←心情的に)だから、透明な窓ガラスにして欲しかったなあ。
  愛用のギター、けろ男、けろ子(いずれも仮名)も、明るくなった窓辺で、肩を寄せ合って幸せそうです。なんだかうらやましい情景ですね。バカ!
  なにはともあれ、要塞化を進めるマンション工事も一段落したようで。あとは、外壁をヌリヌリして、「ベランダ工事」(これもナニをするのか分からない・・・)でおしまいだそうです。ふぅ。


1クリックでランクアップポイントが与えられるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。どうぞよろしくお願いします。
         
☆☆☆人気blogランキングへ☆☆☆

どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-10-09 06:35 | 時評

書評:輪島功一「この道」(仮題)~ボクサーの文才を侮るな!!
c0072240_12541021.gif  ♪僕バンクロックが好きだ 優しいから好きなんだ♪
  と、ヒロトがTHE BLUE HEARTSで叫んだ情熱には、敵わないかもしれませんが。私は、ボクシングが好きです。後楽園ホールで観るボクシング、あるいはテレビで観戦するボクシング。もちろん大好きですが、ボクシングを題材にした小説やマンガも大好きです。そして、ボクシングのノン・フィクションも。
  ここまでで、何回「ぼく、ボクシングが好きだ」を連呼したかわからないくらい大好きです。そんな私の前に、ボクサーの自伝が登場しました。今日は、こちらをご紹介しましょう。


---

  私の購読している東京新聞夕刊に、「この道」という連載コーナーがあります。功なり名を遂げた偉人たちが執筆する「あの頃の思い出」コーナーという位置付けでしょうか?しかし、一人で一年程度、毎日書き続けるという長期ハードロードの連載です。日経新聞「私の履歴書」と同等かそれ以上の中身の濃さを誇っています。

  現在、執筆しているのは元ボクサーの輪島功一氏。世界タイトルを六度に渡り防衛した記録も素晴らしいですが、「カエル跳びアッパー」は当時リアルタイムで接した人々の記憶にも残っているそうです(会社のおじだん談)。これが、とにかく面白く、そして暖かい。例えば、試合に敗れタイトルを奪われた連載第71回から引用すると、

>会長の声を聞いて、うなずいて目を閉じました。
>それからしばらく、記憶がないんだな。
>意識を取り戻したのは、頬に柔らかい感触を感じたからでした。
>女房の多生代が、一歳八ヶ月になった長女の大子を連れてきて、キスさせたんだ。
>そのときだね。素直な言葉が出たのは。
>「大丈夫。でも、みんな終わったよ」
(中略)
>女房は、「今度こそ引退」と信じたらしいです。
>優しい声で「おとうさん、良かったね」と言いました。
>これで、もうつらい練習も減量もしなくていい、というねぎらいの言葉です。
>本当によくできた女房だよな。

  思わず、涙腺が緩んでしまいました。引用部分は、試合の模様ではないですが、戦いに敗れた後の悔しさ、そして静かな部屋での家族との再会。愛情豊かな男意気が感じられます。
  引用ばかりで恐縮ですが、試合の模様が昨晩の連載で、ばっちりありましたので引用させていただきます。敗戦したあとのリベンジ戦での模様です。

>「流れをつかむ」とか、「流れを引き寄せる」とか、そんな言葉を、私はよく使います。
>ボクシングの試合を勝つ上で、これほど重要なことはないんだな。
>15回を組み立てるときに、私は序盤の3回までに自分の力の7割までを使います。
>ここで圧倒して、相手の出鼻をとことんくじく。
(中略)
>勝ちたかったら序盤で力を出すんだ。
>それができるのも勇気だよ。
>残りのラウンドは、どうするか。そう、頑張ればいいんだよ。

  むん!戦いとはかくあるべきなのか!そんじょそこらの経営者諸氏のエッセーからは、窺い知れない哲学を感じます。秋の長雨にうなだれている私に、毎日元気をくれる連載モノです。

  汝、ボクサーの文才を侮るべからず。

p.s.
登山家の文才には定評があります。
先日書きました植村直己氏しかり小西政継氏しかり。
いずれも鬼籍に入られていますが、彼らの精神は文章で受け継がれています。

書物とは偉大なものですね!!

1クリックでランクアップポイントが与えられるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。よろしくお願いします。
      
☆☆人気blogランキングへ☆☆

どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-10-08 12:43 | 書評

a
http://blog.with2.net/ping.php/162408/1128228754
[PR]
by keroyaning | 2005-10-08 08:30

対決:「村上ファンド」vs.「虎キチ」~始まりはなぜ9月15日だったのか??
  阪神タイガースがめでたくセ・リーグ優勝を果たしました。タイガースファンの私としては、嬉しい限りです。と、言いたい所ですが、前回優勝が18年ぶりにだったのに比べて、二年ぶりの優勝ということでイマイチ盛り上がりません。野球を離れての、場外乱闘の方が目立ってしまっていますね。通称「村上ファンド」による阪神電鉄株の買い集めです。
  
---

  さて、時事ネタを勉強する時には、isologueさんのブログが参考になります。

  「なぜ村上ファンドは、この9月15日に10%超の買付けを開始したのか?」について、考察していらっしゃいました。そのわけは、9月の二回に渡る三連休を挟むことにより、「報告義務を最大に引き延ばして26日(11日も後)に報告して突如海面に浮上してきている」ということが理由として上げられています。保有株式10%を超えた日から5日以内に報告しなければならないのに、連休を挟むことにより、11日目に報告することが可能になった。すなわち、報告をぎりぎりまで延ばすことを目的に、「連休から逆算して」15日から10%を超えての買付けに踏み切ったのではないか?と推測されています。
  なるほど、なるほど!と面白く読ませていただき、ではちょっと違う視点から「なぜに9月15日から村上ファンドは10%を超える阪神電鉄株の買付けを開始したのか?」について考えてみました。
  
  株価の推移を見ますと、9月に入った時点で優勝は、ほぼ確定しており、株価も優勝を材料に折込み安定して推移していました。この時期に出来高を伴い、株価が急騰するのはやや目立つ状況となっています。
  ひるがえって、阪神タイガースの戦いぶりに目を向けてみると9月7日から9月15日まで、六連勝しています。中でも、10日:21-2(広島)、11日:10-0(広島)、13日:16-1(巨人)、と大量得点で勝利しています。そして、翌々日が「疑惑」(なんてね)の9月15日であるわけです。
  村上ファンドにとって、隠密行動のチャンス到来です。優勝はほぼ確定だけど、これだけ派手な勝ちぶりを見せられたら、道頓堀に飛び込むファン気質から、ドンドン買って株価が急騰してもおかしくなかろう。「よし、本格的に買付けを開始するか!!GO!GO!」と考えたのではないだろうか?

  と、書いてきて齟齬が生じます。「優勝が視野に入ってきたの8月から何故買い進めなかったのか?」この点を解明しないとisologueさんの三連休説に太刀打ちできませんね。そこで、考えたのです。ファンドの開示が26日。タイガースの優勝は9月29日。うーん惜しいですね。28日にも試合はありましたので(結果は7-5で巨人に勝利)、開示から2試合が終わって優勝が決定しています。

  この2試合は必要だったのか?

  実は、「15日」を過ぎてから、8試合で5勝3敗です。六連勝の後の成績にしては物足りない。ファンとしては、6勝2敗位を予想するのが普通ではないでしょうか?そして3敗のうち2敗は中日相手であり、これに一つでも勝っていれば2勝分の価値がありました。
  そうなのです。9月15日の朝に、大量得点の三連勝を含む五連勝を見せ付けられた村上さん。このままで行くと9月25日に優勝決定するから、その翌朝9月26日に、親会社阪神電鉄株式大量取得を開示、「うーん、ベリービューチフル!!」と考えたのではないでしょうか?
  
  阪神電鉄を使って灘中学、灘高校へ通学していた村上氏(←新聞情報)。タイガースへの愛着は、人一倍ある(←ワイドショー情報)ので、そこまで考えての「始まり」だったのではないのかなあ、と妄想を膨らませる秋の私です。

1クリックでランクアップポイントが与えられるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。よろしくお願いします。
      
☆☆人気blogランキングへ☆☆

どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-10-06 20:53

書評:倉知淳「猫丸先輩の空論」~日常ミステリ試論
  朝晩涼しく、秋めいて来ましたね。
  日が沈むのも早く、秋の夜長という言葉がしみじみと感じられます。夜長の友に読書はピッタリですので、今日は、軽い読み物を御紹介しましょう。軽い読み物を複雑怪奇に解釈すると、こういう感想文になる、という一例でもあります。

---

c0072240_794818.jpg  「日常ミステリ」を集めた短編集である。
  孤立無援なる絶海の孤島や不吉な伝説が語り継がれる隔絶された山村を舞台に、凄惨な連続殺人事件が起こるわけではない。日常生活を送る中で、「ああ、こんなこと、ありそうだなあ!」と、読者が思い浮かべる、いわば親近感溢れる謎が提示されるのだ。

  「日常ミステリ」の系譜について考えてみる。折りしもミステリ人気興隆の出版界。その状況で、日常ミステリは、殺人事件などが登場しないがゆえに、多様な読者層に売り込むことが可能である貴重な商品一品となり、各出版社が力を入れているジャンルになっている。
  
  しかしながら、歴史を紐解いてみると、東京創元社が仕掛けたミステリである。その誕生は、1989年まで遡ることになる。同年、北村薫が「空飛ぶ馬」で、覆面作家としてデビューした。語り手が女子大生であり、探偵役が落語家である設定から推測されるように、ほのぼのとした雰囲気の中で、日常の謎を解き明かす構成になっている。

  それから五年を経た1984年。倉知淳が、実質的なデビュー作「日曜の夜は出たくない」を上梓して、「連作短編」ブームの火蓋を切ることになる。連作短編。これも日常ミステリの一血脈として捉えることができる。
  連作短編とは、短編集の体裁を取り、各作品が独立した物語でありながら、一連の物語を読了した後に、全編を貫く一つの大きな謎が提示され、解明される趣向である。大きな謎の解明時には、各作品に散りばめられていた伏線が回収され、読者は改めて謎解きのカタルシスを味わうことができる。そういう意味で、連作短編は日常ミステリの系譜でありながら、進化した第二世代として捉えるべきかもしれない。

  さて、前置きが長くなったが本作品である。
  くだくだしく前述した「連作短編」集、ではない(えっ?って驚くのは待ってね)。6作の短編が収録されており、「水の入ったペットボトルがベランダに放置されるのはなぜか?」、「スイカ割り大会を控えてスイカが割られていたのはなぜか?」というような謎が提示される。
  秀逸なのは、各短編の語り手が男子高校生、スナックに通う若い会社員、女子大学生等々と巧みに書き分けられている点である。いずれの語り手もそのTPOに合わせて思考し行動する。キャラクタを描かせたら、他の追随を許さない倉知の真骨頂である。
  語り手が多種多様でありながら、探偵役は語り手以上にキャラクタ豊かな猫丸なる人物である。我々の日常生活で起こり得る「なぜか?」に対して、彼が一つの解釈を与える。
  注意して欲しいのは、”解明”ではなく、”解釈を与える=意味付けを行う”ということである。謎の周縁情報を採取して、唯一絶対の真理に到達するわけではないのだ。読者にも等しく提示される手がかりを帰納法的に解析して、一つの解に至るという方法論は共通している。ただし、手がかりを咀嚼して、「一つの可能性として、こういう事情だったのではないのかな?」という解を与え、「もちろん他の可能性があるかもしれないよ!」という留保を残す。

  長々と述べたが、本作品(及び本作に先立つ「猫丸先輩の推測」からなる本シリーズ)は、多重解決モノなのである。倉知淳は、日常ミステリのパラダイムにおいて、「連作短編」モノの先陣を切り、今、「多重解決」モノの新境地を開こうとしているのだ。次なる境地は何処なのか、パラダイムから脱却するのか、注目の作家である。

p.s.
カバー写真を載せましたが、
メルヘンチックな装丁になっています。
三十路過ぎの男が小脇に抱えるには不向きであり、
後ろ指を差されて変態扱いされるのは困るので、カバーを外して読みました。

p.s.
倉知淳は本文に述べましたように、
短編で新境地を開く作家ですが、畢生の大作も書いています。
「過ぎ行く風はみどり色」(創元推理文庫)。
アクロバティックな真相に加えて、心温まる家族の物語。お勧めですよ。


1クリックでポイントをいただけるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。よろしくお願いします。
      
☆☆人気blogランキングへ☆☆

どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-10-05 07:08 | 書評

料理:夏の思い出~カレーを作ってみました。
c0072240_13304015.jpg  夏の暑さが戻ってきたような秋晴れですね。夏の名残を惜しんで、スパイシーなカレーを作ってみました。
  材料は、ジャガイモ、人参、マッシュルーム、玉葱、鶏肉、ブロッコリー、その他です。メモ代わりにレシピを書いておくことにします。



  ①ジャガイモ、人参を適当に切って煮込む
  ②玉葱の微塵切り、鶏肉、マッシュルームを投入
  ③カレールー(インドカレーを使いました)と味噌を投入
  ④ブロッコリーを軽く塩茹でして、ザルにあける
  ⑤玉葱千切りを本当に軽く炒める
  ⑥ニンニクすりおろし、チリペッパー、胡椒で味付け
  ⑦⑤を本体に合流させて、ゴトゴト煮込む
  ⑧白米を盛った器にカレーを入れて、④とカイワレ大根を添えて出来上がり!!

  スパイスの効いたグッドなカレーになりました。と自画自賛して終わらせたいのですが、ニンニクを入れすぎましたね・・・。ニンニクカレーという一ジャンルを築いてしまったような出来上がりでした。
  あと、あれっ?と思う味噌。カレーと絶妙なる相性を誇る調味料ですが、今回はルーにインドカレーを使用したせいか、ちょっと大きく外れてしまった気がします。あれっ?というところでは、インスタントコーヒーを入れるのもヨイらしいですね。今度、覚えていたら試してみたいと思います。
  彩り豊かにしようと思って添えたブロッコリー。これは、本当に美味しいです。なにしろカレーは油っこい料理ですから、生に近い野菜が美味しいのなんのって。添え物ではなく、サラダとして一品作ってしまうのもよいでしょうね。「温野菜のサラダボール」なんて、私には不似合いなお洒落な料理を思い浮かべてしまいます。

☆☆人気blogランキングへ☆☆ ←リンクをクリックしていただけると、嬉しい私です。

c0072240_144272.gif
[PR]
by keroyaning | 2005-10-02 13:03

訂正:
c0072240_1125468.jpg  昨日のエントリーで、大リーグ混戦模様について書きました。その中で、①~③のケースを挙げて、プレーオフ進出条件を述べたのですが、誤りがありました。
  私の拙い頭の中では、勝敗数が同じならば、優勝決定戦に突入である、と認識していたのですが、事実は、相手チームと直接対決での勝ち数も考慮される仕組みでありました。どうも、すみませんでした。
  さて、そのような条件の下、本日、ヤンキースがレッドソックスに勝ちまして、地区優勝を決めました。松井選手もホームランを打ち勝利に貢献したそうでなによりです。

人気blogランキングへ
[PR]
by keroyaning | 2005-10-02 11:23

球界:今、ヒールマンシップが熱いぞ!!
c0072240_12174288.jpg  アメリカンリーグ東部地区が熱いですね。
  え?なんのことですか?って。大リーグの話です。松井秀喜選手が所属するヤンキースは、冒頭に述べたアメリカンリーグ東部地区に属しています。さきほどまで、大リーグ中継をやっていて、松井選手の活躍もありましたが、試合では負けてしまいました。
  だがなんと、その結果、二試合を残して勝敗数が全く同じでヤンキースとレッドソックスが並んでしまったのです。にわか大リーグファンの私には、難しい話ですが、もし残り二試合で一勝一敗で、勝ち数が並んだまま終わった場合、どうなるかというと・・・。

  ①他のリーグと比べて勝ち数が優れば、両チーム優勝⇒両チームプレーオフ進出
  ②他のリーグに比べて勝ち数が劣れば、両チームがガチンコ一試合を戦い勝者が優勝、
   プレーオフ進出
  ③他のリーグに比べて勝ち数が等しければ、②でリーグ内の勝敗を決した後に、
   敗者は他のリーグの二位チームとガチンコ一試合で、勝者はプレーオフ進出へ!!!

  他のリーグの状況も絡んで(ワイルドカードですね)、えらいことになっているようです。ヤンキースは20連戦中!!という話もされており、これまたビックリですね。球場から球場へ、時差もある中での移動。まったくタフな話で、畏れ多いかぎりです。

  さて、翻って日本球界はというと。
  松井選手がが大リーグヤンキースに新天地を開拓して三年目。彼が日本を去った年に阪神タイガースが、18年ぶりにセ・リーグ優勝。彼の不在もなんのそので、球界を挙げて盛り上がりましたね。「たかが一人の松井が居なくても、日本野球はダイジョウブ!!」なんて言われたものです。
  しかし、その後の人気凋落は、改めて述べるまでもありません。今年も早々とタイガースのセ・リーグ優勝が決まりましたが、ちょっと盛り上がりを感じないのは関東地方だけかな?ジャイアンツの監督「人事」もお寒い限りなのは、秋の夕暮れに似た寂寞感を思わせます。

c0072240_12175983.jpg  ところが、日本球界も局地的に熱いぞ!!一足先に冬の足音が聞こえてきているという東北地方は東北楽天ゴールデンイーグルス(相変わらず長い名前ね)。
  一年で結果を出せなかったタオ監督を電光石火のドッグイヤーIT流儀で解任し、球界随一のヒールマンシップの持ち主野村監督を招聘しチームカラーを一新しようとしているらしいのです。

  顔つきヒールマン磯部、「給食費」収賄でオーナーを三人ばかり辞めさせたルーキー「オーナー斬リ」一場選手は、既に粛々と地歩を固めています。そんなヒーラーたちに、清原、元木、ローズという存在自体がヒールを象徴化している天下無双の三人衆が合流するとの情報が流れているのです。

野村楽天に清原軍団集結…元木、ローズら引き連れ
一歩間違えればチーム崩壊も
http://www.zakzak.co.jp/spo/2005_09/s2005092802.html

  一部報道では、ヒール野村監督を慕ってジャイアンツのゴールデンルーキ野間口投手も「ボクも行きたいなあ・・・」と洩らしているそうですが、「君には似合わない。実力はあっても、チームカラーを乱す」と一蹴ダメ出しをされたとか、されていないとか。
  また超局地的な情報としては、「ヒール球団GJ!俺も参加してやるぜ!!」とばかりに、引退を表明した佐々木投手や中村ノリ選手、果ては喫煙少年ダルビッシュ投手も参入に虎視眈々と情報収集に余念がないとか、雑念多すぎだとか。

  まあ、与太話は置いておいて、明日も大リーグ放送が楽しみな私であります。

p.s.
夢の急速160キロ越え。
そのボールを果敢にファールしたのは、
楽天イーグルスの高須二塁手(だったと思います)。
チャラケン坊の元木が参入したら、彼も控え落ちが予想され、、、残念だなあ。

1クリックでランクアップポイントが与えられるブログランキングに参加しています。
リンクをクリックしていただけると、とても嬉しい私です。どうぞよろしくお願いします。
         
☆☆☆人気blogランキングへ☆☆☆

どうもありがとう御座いました!!
[PR]
by keroyaning | 2005-10-01 12:15

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧