今日からは歩く花~♪:アノマリー現象について、その三。
  話は1990年代に入ります。先に述べましたように、THE BLUE HEARTSは、1990年7月25日に、シングル「情熱の薔薇」を発売します。この曲は、学園ドラマの主題歌にもなり、お茶の間を席捲し、オリコンチャート1位を記録します。重厚なサウンドをバックに、ロマンティックな詩を野太い声で歌いあげるスタイルは、デビュー直後の疾走期と変わりませんが、どこかソフィスティケートされたまとまりの良さが感じられます。
  
  同じ頃、社会では株価は、天井を打ったものの、バブルの余韻は続いています。1991年に、ジュリアナ東京がオープンし、同年放送された「東京ラブストーリー」に代表されるトレンディードラマが、空前の視聴率を稼いでいました。後者は、洗練された主人公たちが、スタイリッシュな部屋で生活を送りながら、昔ながらの恋愛に悩むというやつですね。当時、薄汚い浪人生だった私には、星霜の彼方のようなお話でしたが、正直、カッコいいですな。

  しかし、世の中、明るいことばかりではありません。1990年8月2日、イラクがクウェートに侵攻し、その対抗として、翌91年1月17日、アメリカを中心とする多国籍軍がイラクを空爆します。湾岸戦争の勃発です。緑がかったテレビゲームのような空爆映像は、お茶の間でリアルタイムに放映されたものですね。私も釘付けになりました。この年には、ソビエト連邦が崩壊するという大きな出来事が起こってもいます。歴史的には、こちらの方が特筆されるべきでしょうが、湾岸戦争の鮮烈な映像が強く心に残っており、あんまり記憶にない、という方も大勢いることでしょう。

c0072240_13424360.jpg  THE BLUE HEARTSも、不安定な世相と軌を一にして、煮詰まり停滞してしまいます。ライブでは初期の頃から演奏されていた「TOO MUCH PAIN」を発売するなど、新機軸を悩みながら模索する様子が窺えます。そんな重たい空気を吹き消すように、1993年、起死回生のアルバム「STICK OUT」が発売されます。黎明期の彼らを髣髴させるスピード感溢れる曲の連打に、完全復活を信じたファンの方も大勢いたと思います。私も、「なんという熱い疾走感だろう!初期の青臭さはないけど、誰もが成長して大人になるものだ、貫録勝ちだな!」と、首肯し嬉しく歓迎しました。
 
  そんな喜びも束の間で、1994年の後半から、彼らの音沙汰が途絶えてしまいます。そして、1995年5月17日、ラジオ番組内で、突然の解散発表。その様子が、テレビの特集内で放送されているのを聴きましたが、こんな感じだったと記憶しています。


(今後の予定は、あるのですか?と明るく問われて)
ヒロト「いや、特にないですねえ、解散することくらいですかねえ」。


  鮮烈なデビューは衝撃的であり、解散もまた驚きに発表され、ここに10年間に渡る彼らの活動は停止されました。
  
  社会では、後の世に「失われた10年(ロスト・ナインティーズ)」と呼ばれる低迷期に突入し、彼らの解散した1995年には、1月17日「阪神・淡路大震災」、3月20日「地下鉄サリン事件」と立て続けに暗い出来事が起こり、不穏な空気が人々を重苦しく包み込んでいました。解散後の、1995年7月10日、アルバム「PAN」が発売されます。その中の「歩く花」でヒロトは、こう歌います。

c0072240_1343516.jpg
今日からは歩く花

根っこが消えて足が生えて

野に咲かず 山に咲かず 愛する人の庭に咲く



  悲しい歌詞ですね。厳しい世界には疲れたから、暖かいところでのんびりしたいよ・・・、という後ろ向きな心境が感じられてしまいます。もちろん、これで駄目になってしまうヒロトではなく、後に「不死身の花」という曲で、しっかりと復活しますよ。
 
  
  以上、長々と弁舌を振るって来ましたが、「アノマリー現象について」をおしまいにさせてもらいます。THE BLUE HEARTSの活動史について、下記の参考文献をとても利用させてもらいました。ありがとうございます。

参考文献:「ブルーハーツと日本のパンク」(別冊宝島、宝島社)

p.s.
上記の参考文献でも、バブル経済との関連性が「ブルーハーツとレイト80‘s」という記事で触れられています。
書く際に、読み直しませんでしたが、一度読んだことは事実であり、知らないうちに類似点が出てしまっているかも知れません。不快に思われたら、本当に申し訳ありません。

p.s.
「歩く花」は、とても悲しい歌ですが、とても大好きな曲です。
大好きな曲が多過ぎて困りますが、いつでも私のBEST5に入ります。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-13 13:47 | 社会

どこまで行くの~♪:アノマリー現象について、その二。
  THE BLUE HEARTSの軌跡とバブル経済膨張・崩壊には、アノマリー(=奇妙な一致)があるという話の続きです。
  
  まず、THE BLUE HEARTSについておさらいをしましょう。
  彼らは、1985年2月に結成され、4月3日に初ライブを行い、12月24日に初ワンマンライブを行うと同時にソノシート「1985」を配布しています。初期における彼らのスタイルを端的に表現した名フレーズ「僕たちを縛りつけて、一人ぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。」は、この「1985」で唄われる歌詞であります(恋人たちの暖かい聖夜に「一人ぼっち」というのも心憎いですね)。THE BLUE HEARTSにとって1985年は、記念すべきデビューの年であり、初期鳴動の勢いで躍動した年であります。
  
  では、その年、社会では、何が起こったでしょうか?経済史の教科書を紐解くと、1985年、「プラザ合意」と太字で書かれています。解説を読むと、アメリカの貿易赤字の解消を目的に、ドル安を先進国みんなで実現しましょう、そして日本は、金融緩和(=金利引下げ等)を行い、お金をたっぷり垂れ流して内需拡大を図りなさいよ、ということが先進国G5の間で決められたのでアール、とあります。お金のだぼつき、すなわちバブルの発生ですね。
  当時、私は悩み多き花の高校生でしたので、バブルの恩恵をたっぷりと受けたわけではありません。しかし、年齢を偽りもぐりこんだ工事現場のアルバイト先での大盤振る舞いを思い起こすと、「豊かな」時代だったのだなあ、と実感します。

  こうして、良くも悪くもバブル経済の産声の中で、THE BLUE HEARTSは結成され、躍進していったのです。勢い留まる事を知らず、1987年、1stフルアルバム「THE BLUE HEARTS」を発表して、日本中の人々の度肝を抜き、うら若き少年少女を歓喜感涙の渦に巻き込みます。1988年には、自主制作で「チェルノブイリ」を発表し、多くの大人たちも彼らに注目するようになりました(彼らの素晴らしさを語る部分では、若干ながら主観的誇張が混じっていますが、「チェルノブイリ」の衝撃は、客観的にもとても大きなものだったと思います)。
  
  悲しいことに、社会では、チェルノブイリ事故等の環境破壊もなんのその、札束がばら撒かれ、バブルも順調にブクブクと膨らんで行きます。THE BLUE HEARTSに対して、サラリーマンや学生が、「トレーン、トレーン!走ってゆく~~」と叫ぶ景気づけソングとしての大きな需要はありましたが、黒人たちを乗せて豊かなシカゴを目指す北上列車の悲哀を歌う詩への共感はありませんでした。

c0072240_18501496.jpg  1989年。この年は、THE BLUE HEARTS、社会、いずれにとっても大きな転換点となった年であります。前者については、初の海外ツアーを行い、翌年90年には、彼ら最大のセールスを記録したシングル「情熱の薔薇」が発売されます。そして後者の社会情勢については、日経平均株価が、「五万円も夢ではないぞ、このヤロウ!」な気分が蔓延する中で、1989年12月は29日の大納会に、史上最高値3万8915円を記録します。この年の忘年会は、それはそれは、凄かったのだろうなあとしみじみと想像が膨らみます。

・・・続き(おそらく最終回)は、また後日に書かせていただきます。

参考文献:「ブルーハーツと日本のパンク」(別冊宝島、宝島社)

p.s.
実家に戻って、ちびっ子と遊ぶはずが、
風邪を引きかけているようで、やめにしました。
独り寂しく夕食を食べ終えたところです。皆さまもご自愛ください。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-12 18:59 | 社会

栄光に向かって~♪:アノマリー現象について、その一。
  先日、大和総研が「サザエさんの視聴率が株価に連動している」という、おもしろいレポートをまとめました(http://www.dir.co.jp/research/report/equity-mkt/quants/05021402quants.pdf)。
 このように、理論的に説明できないのだけれども、なんだか結果オーライとして関連性が認められてしまう事態をアノマリー現象と言います。日本株は四月に上昇する傾向があるよ!月曜日の株価は高いよ!というような経験則のことですね。
 少し毛色の違ったところでは、有楽町ガード下あたりでお父さんたちが楽しそうに、「栄光の巨人軍九連覇(1964年~1973年)と我らが高度経済成長は奇妙に一致するのでアル」と楽しそうに語らう光景もよく目にします。
  そこで、私も毛色の違うアノマリー「奇妙な一致」を探してきました。
 
c0072240_1605522.jpg  その昔、THE BLUE HEARTSという素晴らしいバンドが存在しました。1987年5月1日にシングル「リンダリンダ」でメジャーデビューを果たし、思春期の少年少女の胸を鷲掴みするに止まらず、広く世の中を席捲して社会現象にもなりました。見識の高い人間(私のことです)は、バンドの中心メンバーである二人を評して、「日本のレノン&マッカートニーの誕生に立ち会えたものであるよ!」と声高に喧伝していたものです。
  
  彼らの素晴らしさについて語るにやぶさかではないのですが、朝までかかっても語り尽くせないので、冒頭に述べたアノマリーの切口から、彼らに触れたいと思います。
 
 THE BLUE HEARTSの軌跡と、絢爛豪華でキンキラキンなバブル経済誕生・成長、そして「夢よ、もう一度!っていうか助けてくれ!!」なバブル崩壊の歴史の間には、不思議な共通項が見られるのである。

・・・続きは後日、書かせていただきます。

p.s.
これから、実家に戻って、ちびっ子くんたちと遊んであげるおじさんになります。
遊んでもらう、というのが正確なのですけどね・・・。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-12 12:51 | 社会

晩酌な気持ち。
よし!金曜の夜=至福の時間だ。
特に、私のようなドロリーマンにとっては、
これが楽しくて働いているようなものであるよ。
イロエロな食材を買い込んできたので、これから独り晩酌やらせてもらいます。

p.s.
この週末の寒さを乗り越えると、春の芽吹きも遠くなさそうですね。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-11 20:10 | 日記

書評:荻原浩「明日の記憶」~削り落とされる記憶に宣戦布告!!
c0072240_2245130.jpg  荻原浩「明日の記憶」を読んで、記憶について考えさせられた。
  
  あらすじは、物忘れが気になり始めた普通の会社員が、若年性アルツハイマーと診断され、病状の進行とともに東西南北する物語である(噛み過ぎて、味気の失せたガムを噛むような拙い要約で非常に恐縮です)。このように書くと、闘病小説、介護を通じた家族小説、祈りと回復の文学etcを想像するかもしれない。
  
  捉え方は、さまざまであるが、いずれにしても、初期段階としては、仕事の打ち合わせの約束・内容、些細なところでは熱燗の仕方(湯を張った鍋に徳利を沈める作業)を思い出せなくなる。そして、たゆまず進行する病状に比例して、家族の名前、更には顔も忘れていくのである。特効薬はなく、病状の回復及び現状維持は不可能であり、味覚すらも失われていく情景が、主人公の視点および主人公の物する日記を通じて、畳み掛けるようにして描写される。
  
  主人公は、突然の病難に襲われながらも、地に足をつけた強さで粘り強く、タフに生きていく。しかし、強さというのは、回復不能を前提とした戒厳令下での強張りであり、ドンキホーテ的な滑稽さと惨めさ表出のトリガーともなっていく。
  
  例えば、出会った人間の顔と名前を一致させるために、自筆の似顔絵に名前を添え、趣味嗜好を記録し、仕事で打ち合わせた内容を「常軌を逸した」様子で逐一メモをしていく。溢れかえったメモで膨らんだポケットは、周囲の人々に奇異に映り、嘲笑の対象となる。
  あるいは、通い慣れた取引先の所在地を突然忘れてしまい、スクランブル交差点の真ん中でパニックに陥る描写は壮絶だ。書き溜めたメモが道路に散乱し、クラクションと罵声が連呼される。しかし、彼は、まだ諦めない。同じ過ちを繰り返しまいと、通う必要のある場所について、手書きの地図を描き手帳に挟むのだ。病状の進行に伴い、駅から自宅までの地図も、その手帳に追加されることになる。
 
  このように彼は、自力で遭難に対処する。彼の強さは、それだけに留まらない。妻が、彼の現状維持を願い、玄米茶、魚料理を準備する献身が昂じて、効能の期待できない高額な霊感商法的なブレスレットを思い余って購入して彼に与える。自分の救いも重ね合わせて。そこで彼は言葉を吐く。


男「ふざけやがって、人の不幸につけこみやがって」
・・・
「もういいから、俺のことは。やめろよ、こんなこと・・・・・こんなことしたて無駄な。なぁ、もう・・・・・」(中略)「もういいよ、俺のことは。おまえはまだ若いんだから、俺がいなくなってからのことを考えろ」


  彼の強さの極めつけは、物語の終盤、すなわち彼の病状は深刻度合いを増した末期症状期にある。電車に乗ることも困難な状態の中、ただ一人介護施設の下見に出向くのである。そして、その足で、短期記憶の衰退している中でも、逆に鮮明となる何十年も前の記憶を頼りに山奥の窯を訪れる。
  そこでの浮世離れした滞在。そして、帰るべき我が家への帰途・・・。そこから先は、読んでのお楽しみである。ここで言えるのは、映像が自然に浮かんでくる素晴らしさだけである・・・。


  長々と書いてきたのだけど、この物語のテーマにお気づきだろうか?
  
  この物語は、ハメット、チャンドラー、原尞へ連綿と受け継がれてきたハードボイルド小説なのである。突然、病難(=事件)に巻き込まれ、周囲の助けも借りながらも、基本的には自分を律して自力で対処していく。そして、周囲に対する視線は常に優しく、自らが責を負う。ハードボイルドの教科書的な舞台設定ではなかろうか?
  形式的に穿つならば、アイリッシュ「幻の女」に代表されるデッド・リミット・サスペンスが、展開されることに収斂される。もちろん本作品におけるデッド=死とは、「記憶の死」ではあるが・・・。これはもちろん、特異な状況下で展開される物語の必然ではあるものの、看過し得ない類似であると思う。

  結論。作者は、アルツハイマーという社会問題に衣を借りて、極上のハードボイルドな小説を展開したのである。ただし、ラストシーンを除いた最大の泣かせどころは、干支について、妻が忘れ、男が覚えていた状況下で交わされる会話、


男「二人揃って痴呆だなんてしゃれにならない」
妻「案外、それもいいかも」


であり、その点では、家族愛をも惜しみなく表現したズルイ小説でもあるのだ。

p.s.
アルツハイマーという社会問題を扱っている本作品。小道具も粋だし、ラストシーンの美しさも考えると、映像化されるカモと思いますが、その時は「家族愛」を前面に打ち出してしまうのは残念だなあ。そんな、イラン危惧を抱いてしまう、余計者の私であります。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-10 22:19 | 書評

記録の効用。
仕事でベロベロしゃべっていて、
相手「さっきは違うことを言っていたじゃないかい?」
わたし「イヘイヘ、言っていませんよ、エッヘン!・・ショボショボ・・・」
相手「録音してるけどよいのでアルかい?あーん?」
っていうヤリトリにやられて、少々疲れてしまった。
一方的に、天下天上のことを語るについて、録音されてもOK!だけども、
質問交じりに、問いつ答えつしていたら、質問について見解の相違が出てしまって、
ぶっちゃけ、アヒャヒャヒャなのであるのだよ、ゴッホン。録音録画の厳しい時代の流れであります。

だがしかし、職場の気になる女性と接近して交わした会話、永久録音&永久録画しておきたかったなあ。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-09 20:14 | 日記

匂いの考察。
職場でお茶が流行っている。
といっても、六本木の社長さんが、ラッパ飲みしているヘルシア緑茶1ℓボトルの話ではない。
中国茶やら日本茶の茶葉を各々が用意して、洒落たティーポットやら鉄瓶で濾して飲んでいるのだ。
左から匂うは、馥郁たる香りの中国方面茶かな?
その先から匂うは、英国貴族ティータイムなアールグレイの紅茶かな?
香ばしい豆の香り。後ろのおじさんは、どうやらコーヒーを淹れているらしいな。
・・・嗅覚が混濁迷妄する職場の情景。

そんな私は、甘く口に染み入る日本は佐賀の嬉野茶を愛飲しています。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-08 19:47 | 日記

ナルシストな一日。
洗濯洗剤がなくなって、ドラッグストアの店先で叩き売られていたモノを購入して、使ってみた。
別に汚れが落ちればいいや、どうせ、オレのことなんか、誰も、誰も、嗅いでやしねえや、けっ!
とナゲヤリ気分だったのだけど、そのブツがとてもよかったのだ。
洗った物たちから、イイ香りがするのである。強すぎることなく、ほのかに静々と匂うのである。
パソパソ仕事をしていても、なんだかいい匂いがするぞ、んん?
と思い、クンクンしてみると、おっとっと、我が身から匂い立ちていたのだ、エッヘン!

そんな小さなことに喜びを感じるとても小さな私である。
しかし、春の匂いは、まだ感じられない。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-07 19:26 | 日記

踊り念仏。
ブログってなんだろう???
という内容の天啓を授かり、調べてみたところ、

>アメリカでは評論家やジャーナリストなどが「ブログ」を利用し、活発な議論を展開しているのだ。

・・・
私もチョイトばかり、
主義主張を大上段に振りかぶってみることにしようかね、エヘヘヘ。
と、お色気混じり一念発起、思い立ちたはよいが、
悲しいことに、振りかざすべき青雲の志を持ち合わせていないので、
我が身の丈に合わせて、骨抜きクネリクネとタコ踊りをしようと思う次第です。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-06 15:25 | 日記

地鎮祭。
ナムナムとお祈りしよう。
[PR]
# by keroyaning | 2005-03-05 17:20 | 日記

検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧